クレジットカードコラムプロパーカードって何?提携カードとの違いやメリットは?

クレジットカードはさまざまな分類ができますが、「プロパーカード」と「提携カード」もその分類のひとつです。

「ステータス性が高いから」や「上位カードを目指す」など、こだわりを持ってクレジットカードを選ぶ方ほどプロパーカードを選ぶのが実情。あなたもこだわりを重視したクレジットカード選びをしたいのであれば、ぜひここでプロパーカードに関する知識を押さえましょう。

当記事ではおすすめの代表的プロパーカードも紹介しているので、プロパーカードの発行を検討している方も必見です。

プロパーカードとは?

「プロパー」とは、「固有の」「正規の」などといった意味を持ちますが、組み合わせて使う言葉や業界によってその意味は少し異なります。

クレジットカードでのプロパーカードとは、「国際ブランドを扱うカード会社が発行する代表的なクレジットカード」のことです。近年では「カード発行会社が独自で発行しているクレジットカード」もプロパーカードといわれることが増えてきています。どちらにせよプロパーカードには、「提携カードにはない独自性があり、唯一無二のものである」といった印象が付随するでしょう。

プロパーカードと提携カードの違い

プロパーカードと提携カードの違いは、下表のとおりです。プロパーカードと提携カードは、あくまで発行形態によって分けられています。

プロパーカード カード会社が独自発行
提携カード カード会社と提携会社による共同発行

元来であれば、JCBやアメックス、ダイナースクラブなどといった国際ブランドが自社のカード会社にて独自発行するクレジットカードのことをプロパーカードといいました。近年ではこれに加えて、三井住友カードや楽天カードなどの独自発行するクレジットカードのこともプロパーカードということがあります。

これに対し、たとえばANAとアメックスによる提携発行の「ANAアメックス」や、Amazonと三井住友カードの「Amazon Mastercard」などは、提携カードになります。

提供サービス内容の違い

提携カードは提携先が何らかの事業を担っていることが一般的であり、事業をより多く利用してもらうためにクレジットカードを発行しています。そのため、提携カードには基本的に、提携先で役立つ特典が付帯します。

スーパーやネットショップ発の提携カードであれば商品の割引やポイント還元率アップなどといった特典が付帯、航空会社発の提携カードであればボーナスマイルが発生する特典が付帯するといった具合です。

一方、プロパーカードは旅行保険やダイニング特典といったT&E(トラベル&エンターテイメント)の特典が多く、日常のライフスタイル系特典は少ない傾向にあります。

プロパーカードならではのメリット

プロパーカードという言葉が持つイメージのとおり、提携カードに比べてプロパーカードはステータス性が高い傾向にあります。さらにはゴールドカードやプラチナカードなど、上位グレードが豊富に用意されていることも多いのがプロパーカードの特徴です。

そのほかのメリットとしては、カードのデザイン性の高さが挙げられます。提携カードの場合は提携先のサービスが分かりやすいデザインになっていることが多く、どうしても庶民的なイメージのデザインになります。一方、プロパーカードはそのイメージを損なわないようにシンプルかつ上質なデザインに仕上げられることが多いのです。

おすすめのプロパーカード

ここでは、JCBカード、アメックス、ダイナースクラブといった発行会社のプロパーカードの中でも、特におすすめのカードをご紹介します。

Amazonユーザーやディズニーファンにおすすめ「JCB CARD W」

JCB CARD W

JCB CARD W

5.0

本カード無料
家族カード無料
ETCカード無料
ポイント還元率1.0%〜5.5%
申込資格高校生を除く18歳〜39歳までの方
国際ブランドJCB
発行期間最短5分でカード番号発行可能

詳細を見る公式サイトを見る

JCBのプロパーカードである「JCB CARD W」は、18〜39歳までの若年層のみが入会できる(※40歳以降も利用可能)クレジットカードです。入会対象の年齢層を絞っている代わりに、年会費は永年無料、通常ポイント還元率も1%とJCBプロパーとしては破格のスペックとなっています。

ポイント還元率がアップするお店も複数あり、たとえばAmazonであれば2%と高還元であることから、Amazonユーザーにも人気です。そのほかではスターバックスカードへのチャージで5.5%還元や、セブン-イレブンで2%還元など、誰もがよく利用しやすいお店がそろっています。

また、JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであり、貯めたポイントをパークチケットやホテルの宿泊券に交換できるのは、JCBのプロパーカードならではの特典だといえます。

JCB CARD Wの申込みはこちら

プライオリティ・パス取得可能「アメリカン・エキスプレス・カード」

アメックスグリーン

アメックスグリーン

4.5

本カード月会費1,100円(税込)
家族カード月会費550円(税込)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料935円(税込)
ポイント還元率0.5%〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行期間約2週間

詳細を見る公式サイトを見る

アメックスのプロパーカードの中でも最もベーシックな「アメリカン・エキスプレス・カード」は、年会費が13,200円(税込)かかりますが、アメックスプロパーでステータスを築きたいという方には登竜門ともいえるクレジットカードでしょう。

一般的なクレジットカードから考えると1万円超の年会費は高く感じられるかもしれませんが、この金額で通常99米ドルの年会費がかかるプライオリティ・パスへの登録が無料になるのはかなりお得。国内の空港ラウンジも同伴者込みで無料で利用可能です。

手荷物無料宅配サービスや、最高5,000万円の海外旅行保険、年間500万円までのショッピング保険なども付帯するほか、現地での日本語サポートも充実。ホテルやレストランの予約も任せられるため、出張や旅行をゆるりと満喫したい方にもおすすめです。

アメックスグリーンの申込みはこちら

グルメ好き必見「ダイナースクラブカード」

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

4.6

本カード24,200円(税込)
家族カード5,500円(税込)
ETCカード無料
ポイント還元率0.4%〜1.0%
申込資格年齢27歳以上の方
国際ブランドダイナースクラブ
発行期間2〜3週間

詳細を見る公式サイトを見る

年会費が24,200円(税込)と高く、入会の目安として「年齢27歳以上」が挙げられていることから、ワンランク上の大人のためのクレジットカードという印象を持つ「ダイナースクラブカード」。ステータス性を求める方には、うってつけのカードだといえるでしょう。

最大の魅力は、グルメ優待の充実性です。2名以上の利用で1名分のコース料理料金が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」や、おひとりさま向けのお得コースが用意された「ごほうび予約」、人気店の予約を取りやすくするサービス「ごひいき予約.com」など、ほかにもさまざまなグルメ優待が用意されています。

ダイナースクラブカードの申込みはこちら

こだわりのある方には、プロパーカードがおすすめ!

お得さでクレジットカードを選ぶ方が増えている昨今。それでもやはり「ステータス性やデザイン性は捨てられない」というこだわりが強い方には、プロパーカードがおすすめです。

どこで出しても恥ずかしくない、さらなるステータス性も望める、そのようなプロパーカードで、日々の生活をさらに実りあるものに変えましょう。

«  コラム一覧  »