クレジット現金化の悪徳業者には引っかかりたくない|

クレジット現金化は、優良業者のもとで使っている場合には全く問題ないのですが、そのサービスの性質上、どうしても悪徳業者がいるため、注意が必要です。最悪、ショッピング枠のお金が戻ってこなかったり、個人情報を抜き取られたりする場合も多いようです。

クレジット現金化の悪徳業者には引っかかりたくない

クレジット現金化の悪徳業者には引っかかりたくない

クレジットカードの現金化と聞いても、どんなものなのか知らない人はいるようです。クレジットカードの現金化のサービスが広がってきたのは近年ですので、そういった人がいてもおかしくありません。

また、2011年に全国で初めてクレジットカードの現金化業者の逮捕者が出ましたが、この時に知ったという方も多いでしょう。新聞やテレビをはじめとしたマスメディアで大きく報道されたためです。その後も数回、関連業者の逮捕ニュースが出たこともあり、認知度は少しずつ上がっているといえます。

とはいえ、まだまだ多くの方がこのサービスのことを知らないのが現状です。しかし、利用の予定がなくとも現金化について理解していないとトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。実は、クレジットカードの現金化業者の中には上記で逮捕された業者も含め、詐欺や犯罪行為をはたらく悪徳業者は、こういった現金化サービスのことを十分に理解していない人をつけ狙っています。

現金化サービスを隠れみのに犯罪行為を働く悪徳業者とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に替えるサービスのこと。通常は、申し込みがあった利用者に対応するのが基本で、利用の前にも後にも販促が行われることはありません。

ところが悪徳業者と呼ばれる違法な集団は、利用者はもちろん、現金化の知識がない方や、利用を特に考えていないような方もターゲットに犯罪行為をはたらきます。よく挙げられている悪徳業者には、「紹介屋」や「個人情報取得詐欺」「虚偽の換金率をかたる業者」など、さまざまなタイプがあるので覚えておきましょう。

1.紹介屋と連携する悪徳業者

紹介屋はいろいろな理由をつけて別の業者を紹介する業者です。具体的には、申し込んできた利用者に対して、「自分のところでは対応できない」といって他の業者を紹介してくるような手口。だまされて他の業者へ連絡すると、そこがヤミ金や暴力団だったといったケースがあります。

また、紹介やと連携する悪徳業者もいます。この業者は現金化をするつもりがない消費者を狙うケースもあり、注意が必要です。例としては、「サイト登録で○万円」プレゼントといった内容でアルバイトを募り、応募してきた方に対して仕事に必要とクレジットカードの番号を聞いたり、発行を迫ったりするようなことが挙げられます。

もし、カードの番号や有効期限を教えると勝手に現金化され、それが給料として振り込まれる仕組みです。応募者はそうとも知らず翌月になってからカード会社から高額請求が届くトラブルに発展してしまいます。対処のためには、他の業者を紹介すると言われた時点で断ることや、仕事で必要と言われてもその内容をきちんと確認することが大切です。

2.個人情報を搾取・転売する業者

クレジットカード現金化の申し込みを装って、申込者の個人情報を聞き出すことが目的の悪徳業者です。こういった業者は、申し込みがあると必要な情報として住所や氏名はもちろん、電話番号、メールアドレスといった情報を聞き出そうとしてきます。さらに、運転免許証のコピーやクレジットカードの情報も求めてくるケースも多いです。

信用して申し込んだ方は、入金を待ちますが、振り込みがないどころか何の連絡もくれません。そして、しばらくしてから怪しい業者からDMや電話などの連絡が入るようになるのが典型的な事例です。しかも、連絡が入る業者は1つだけではなく、1日に大量のDMが届くようなケースもあります。

これは、悪徳業者が入手した情報をリスト化して他の業者へ転売していることが原因です。こういった個人情報を集めて転売する業者は名簿屋と呼ばれる組織です。この業者は、個人情報の売買で大きな利益を得ており、情報入手のためには手段を選びません。

一度、情報を渡してしまえば、対策のしようがなくなってしまう上に、被害が大きければ警察へ届け出たり、引っ越しをしたりと自身の生活にも支障が出てしまう可能性があります。事前に口コミサイトで評判を調べたり、申し込みの前に電話の対応をチェックしたりするなど、個人情報を渡す前に十分に注意しなければなりません。

3.サイトや広告の表示と実際の換金率が異なる業者

悪徳業者のなかでも多いのは、このタイプの業者です。Webサイトの記載とは異なる低い換金率での現金化を強要したり、申し込み額とは違う換金を行ったりするような業者です。Webサイト上に「キャンペーン中」や「○○限定プラン」といった、一時的に換金率を上げているように見せかける表示があったり、「分割で振り込み」と小さく表記があったりするのが特徴です。

こうした悪徳業者を見破るためには、Webサイトをチェックすることが大切。キャンペーン中に異常な換金率が示してある一方で、通常時には低い換金率になっているといった場合には要注意です。さらに、住所の記載がでたらめだったり、電話番号がフリーダイヤルではないといった点を確認していけば、申し込み前にある程度見抜けるでしょう。

新しいタイプの悪徳業者が現れる可能性がある

近年広がってきたクレジットカードの現金化業界は、新しい業者が開業したかと思えば、開業したばかりの業者が廃業しているような、変化が激しい状況です。そのため、今後どのような悪徳業者が生まれ、どんなやり方で詐欺や不正な業務を行ってくるかわかりません。

クレジットカード現金化は近年広がってきた新しい形態のサービスなので、これからもどんどん新しいタイプの詐欺が生まれるでしょう。利用しようという人は、十分にチェックして業者を選ぶことが大切です。

その他の「クレジット現金化の裏情報」の記事一覧

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る