お小遣い37,000円で1か月乗り切れる? ピンチに使いたのは現金化|

「お小遣い37,000円で1か月乗り切れる? ピンチに使いたのは現金化」の記事詳細ページです。

お小遣い37,000円で1か月乗り切れる? ピンチに使いたのは現金化

お小遣い37,000円で1か月乗り切れる? ピンチに使いたのは現金化

サラリーマンのお小遣いは、景気動向に大きく左右されます。2015年に行われた新生銀行の調査によると、毎月のお小遣いは37,642円でした。この数字は1979年以降、史上2番目に低い金額です。とくに、40代・50代は養育費や教育費といった家計負担が大きく影響し、お小遣い額が減少したのではないかと見られています。

お小遣いの金額が減少している一方、消費税の増税や物価上昇の影響を受け、外食費は上昇しました。2015年の昼食代の調査結果は601円でしたが、前年と比べて60円の増加となっています。また、飲み会の平均費用は4,954円で、毎月2.4回出かけているようです。

今回の結果を見る限り、サラリーマンはお小遣いの80%を昼食代と飲み代に使っていることがわかります。おそらく、自由に使えるお金は毎月1万円前後しか残らないという人も多いのではないでしょうか。

給料日前のピンチに強いサラリーマンの味方

毎月、サラリーマンの手元に残るのは1万円程度と考えられます。そのお金を有効活用しようとするなら、趣味や娯楽に充てたいとする意見も少なくないと思います。

毎月の1万円をやりくりすることは大切ですが、想定外の出費はつき物です。予定していなかったお金を支払った結果、給料日前にピンチになるということも少なくありません。

「お小遣いに余裕はないが、どうにかして乗り切りたい」と思ったときは、クレジットカード現金化を利用してみましょう。クレジットカード現金化をおすすめする理由は、毎月の負担を少なく抑えながら、ピンチを乗り切れるサービスだからです。

想定外のピンチを現金化で乗り切ろう

お金は計画的に使うべきものです。本来、想定外の出費に備えて堅実に貯金すべきですが、必ずしもお金が貯められるとは限りません。少ないお小遣いをやりくりするサラリーマンにとって、予想以上にお金を使ってしまった月は緊急事態と言えるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化のメリットは、申し込みから最短即日で振り込みまで完了する点です。返済方法はお手持ちのクレジットカードの締め日・支払い日と同じなので、通常どおりカード請求日に支払えば問題ありません。翌月以降に返済を回せるのは強みだと言えます。

「転ばぬ先の杖」ではありませんが、貯金するだけでなく、クレジットカード現金化という方法を覚えておくと安心です。サラリーマンの方がピンチに感じたときは、現金化の利用を検討してみるとよいでしょう。

その他の「サラリーマンのお小遣い事情とクレジット現金化」の記事一覧

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る