不景気で家飲みが定着! サラリーマンとお酒の関係|

不況の経験により、サラリーマンのお酒事情は大きく変わっています。15年前は月の平均外食数は6回だったことに対し、2015年は2.4回と半分以下に落ち込みました。今回はサラリーマンとお酒の関係について調査しましたのでご紹介します。

不景気で家飲みが定着! サラリーマンとお酒の関係

不景気で家飲みが定着! サラリーマンとお酒の関係

今から約15年前の1999年、外食は月6回が平均的だと言われていました。しかし、不況を経験し、サラリーマンの飲み事情は大きく変化しています。2015年発表のデータによると、外食の回数は月平均2.4回と、半分以下に落ち込んでいる状況です。

外食回数の変化に伴い、サラリーマンを取り巻くお酒の事情も変わりました。かつて、「華金は繁華街で飲み会」という遊び方が珍しくなかったのですが、現在は「TVやネットを見ながら家飲み」が市民権を獲得しています。

仕事が終わったあと、居酒屋で飲み会という習慣が減ったのは寂しいものですが、世相と言えばそれまででしょうか。サラリーマンとお酒の関係は、わずか15年の間に大きく様変わりしています。

家飲みだけでは物足りない夜がある

サラリーマンが外で飲まなくなった理由は、外食にかかる費用が高いからです。男性の場合、1回の飲み代は4,954円という調査結果が出ましたが、月々のお小遣いの7分の1程度に相当します。彼らはお小遣いで昼食代やタバコ代を捻出しているため、一食に5,000円近い金額を使うのは抵抗があるのかもしれません。

一方、家飲みは2,861円で済みます。もし贅沢をせずに毎日晩酌を少し飲む程度なら、1回あたり数百円で収まる点も強みです。外へ出て飲むよりも安上がりなので、懐事情を温めておきたいサラリーマンの飲み会が減ったのだと考えられます。

しかし、少し値が張っても、外のお店へ遊びに行きたい夜もあるでしょう。彼女や後輩に見栄を張りたい日もあります。もし気持ちはあってもお金に余裕がないなら、金策を考えなければなりません。

「外で派手に飲みたい」というサラリーマンのワガママを叶える方法は、クレジットカード現金化です。現金に換金したほうがよい理由は、カード対応していなかったり、カード利用者への割増サービス料が発生したりと、クレジットカードが活躍できないお店もあるからです。

また、クレジットカードでの支払いがカッコよく見えるときもありますが、現金で支払うカッコよさもあると思います。たとえば、意中の女性や後輩と一緒に出かけたときは、現金払いのほうが印象もアップするかもしれません。

飲み会はサラリーマンのストレス解消法です。そんなとき、お財布のなかに多くの現金があれば、遊びの自由度はもっと広がると考えられます。「今日遊びに行きたい」というときでも、クレジットカード現金化は、最短5分、審査申し込み不要で振り込みが完了します。当日準備でも間に合うので、現金化をして心置きなくお酒を楽しみましょう。

その他の「サラリーマンのお小遣い事情とクレジット現金化」の記事一覧

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る