契約者貸付制度で簡単金策|

生命保険に加入している方は、配当金が溜まっていなくてもお金を借りられる「契約者貸付制度」を使用することができて便利です。融資可能金額は契約しているプランによって様々なようですが、万一の備えを身体とおサイフの両面で助けてくれると、とても心強いですよね。

契約者貸付制度で簡単金策

契約者貸付制度で簡単金策

生命保険に加入している人は多いはずです。突然の思いがけない事故でケガをしたり、病気になったりした時のために、生命保険に加入しておくことで保険金が受け取れます。万が一病気やケガをした時に、入院や通院をすると相当の費用がかかりますので、生命保険の保険金がもらえると医療費が助かります。入院をしている時も医療費の不安もなく治療に専念できます。

生命保険に加入していると万が一の時に保険金を受け取れるだけでなく、配当金がもらえる保険もあります。配当の分配がある保険を「有配当保険」、配当の分配がない保険を「無配当保険」といいます。

配当金は、保険料を運用して予定と実際の差によって剰余金が生じた時に契約者に還元されるお金です。保険料は3つの予定率をもとに計算されていますが、実際の運用はその通りにはなりません。生命保険の配当金は株式の配当金とは性質が異なるもので、保険料の事後精算という性質のお金です。

生命保険に長く加入してきた人であれば、知らないうちに思わぬ金額の配当金が貯まっている可能性があります。思い当たる人は一度保険会社に確認してみるといいでしょう。

生命保険加入者であれば契約者貸付制度も利用できる

生命保険に加入している人は、配当金が貯まっていなくてお金を用意することができなくても、お金を借りる方法があります。それは、加入している生命保険を担保にお金を借りる「契約者貸付制度」です。

「契約者貸付制度」は保険料を払い続けている生命保険で、借りる時点での解約返戻金額に対する一定割合を限度としてお金を借りられる制度です。突然の出費でお金が必要になった人には、加入している保険で利用できる融資としてはとても有効です。

生命保険は万が一の病気やケガのために準備している人も多いですが、思わぬ出費にも有効に使えます。

融資が受けられる額は生命保険の契約によって異なる

生命保険の「契約者貸付制度」は大変有効な手段ですが、借りられる金額は生命保険会社や生命保険の種類によって異なります。通常は解約返戻金額の70~90%の範囲であることが多いようです。

生命保険の保障が高額になればなるほど保険料も多く支払っていますので、高額の保険金の積立が行われています。そのため、解約返戻金も高くなりますので、その70~90%の範囲も高額になります。20年や30年も保険料を支払ってきた人であれば、かなりの保険金額が積み立てられていることになり、解約返戻金も高額になってきていますので借り入れられる金額も多くなるでしょう。

「契約者貸付制度」で借りたお金は、返済する時には利子分も返済することになります。この場合の利率は生命保険の予定利率に1~2%を上乗せした程度となっています。通常のカードローンと比較すると金利は格段に安いことがほとんどです。

その他のお金の工面方法

クレジット現金化優良業者ランキング

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る