セキュアを通さず申込フォームにカード情報を記載するのはNG|

クレジットカードの歴史は不正利用との戦いだと言われるほど多発しているカードの不正利用。現金化を利用する際にセキュアを通して行いましょう。

セキュアを通さず申込フォームにカード情報を記載するのはNG

セキュアを通さず申込フォームにカード情報を記載するのはNG

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が発表した『情報セキュリティ10大脅威2015』によると、「オンラインバンキングやクレジットカード情報の不正利用」は1位という結果が出ました。情報流出に対するセキュリティに万全の注意を払っていても、犯罪者たちは金銭を目的に犯行を続けています。

クレジットカードの歴史は、不正利用との戦いだと言われています。近年の問題は、オンラインショッピング時に本人確認を行う技術が不十分なため、誰がクレジットカードを利用したか分からないまま、決済が行われていることです。

近年、不正利用防止を目的に、クレジットカード業界では3Dセキュアを発行するようになりました。磁気情報には記録されないID・パスワードによる本人確認の方法であり、VISA、MasterCard、JCBの3ブランドが採用する手法です。これにより、従来の認証方法よりも安全性が高まったと考えられます。

カード情報を盗用する悪徳業者も存在

3Dセキュアを利用すると、第三者に情報を盗用される恐れが減少します。オンラインショッピングをより安全に、商取引を円滑なものにするため、積極的に導入する店舗も少なくありません。

クレジットカード現金化業界においても、クレジットカードのセキュリティに関する意識は高まっています。特に、近年はネット型店舗へ申込する利用者に安心感を提供すべく、カード情報の盗用リスクには細心の注意を払っている状況です。

しかし、悪徳業者は現金化へ申込した利用者のクレジットカードを悪用するため、カード情報を盗用しようとします。詐欺罪や個人情報保護法違反に問われるような業者なので、個人情報を伝えないように注意しなければなりません。

個人情報保護法を遵守する業者を選ぼう

本来、クレジットカード情報は他人に知らせるべきものではありません。情報漏洩を防止するために管理することが重要ですが、オンラインショッピングの際も、「信頼できるサイトか?」と確認をしたうえで利用することが大切です。

クレジットカード現金化を利用するときも、手続きを依頼しようとする業者の選定は慎重に行わなければなりません。還元率の高さやスピード振り込みを謳う広告文も重要ですが、個人情報保護方針にも目を向ける必要があります。

3Dセキュアをはじめ、クレジットカードのセキュリティは年々強化されています。現金化業者を選ぶときも、個人情報保護に力を入れている店に依頼しましょう。

その他のクレジットカード現金化と法律

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る