情報を必要以上に聞いてくる業者に気をつけよう|

現金化を行う際に一番気をつけて欲しいのが個人情報についてです。必要以上に個人情報を聞いてくる業者は不正利用の可能性があります。

情報を必要以上に聞いてくる業者に気をつけよう

情報を必要以上に聞いてくる業者に気をつけよう

現金化を申し込む際、手続きに必要な個人情報について記載を求められます。契約書やオーダーフォームに、それぞれ住所や電話番号、氏名などを記入するのが基本。これらの情報は、手続きそのものだったり、手続きでトラブルが発生した際に連絡したりするために必要とされるもので、それ以外の目的では使用されないことが前提です。

ところが、現金化を行う悪徳業者は、住所や氏名などはもちろん、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードまでも尋ねてくることがあります。さらに、業者によってはカードの両面を携帯電話のカメラで撮影した画像の送信を求めるケースもあるようです。

悪徳業者が、このような情報を聞き出す理由は、個人情報の不正利用を考えているためです。クレジットカードは、カードそのものを持っていなくても、番号と有効期限、さらにセキュリティコードさえわかれば簡単に利用できます。実際、記載を求められてこれらの情報を渡してしまった利用者に身に覚えのない請求が来たというケースが多く報告されています。

カード情報の不正取得は個人情報保護法違反にならない

悪徳業者のするクレジットカード情報の不正取得や不正利用のことを、個人情報保護法違反と考える方もいるでしょう。しかし、これらの行為は必ずしも同法の違反となるわけではありません。

その理由は、クレジットカードの契約の仕組みにあります。クレジットカードは、発行時に「カード会社から貸与する」という形で手元に届けられることになっています。したがって、情報の不正利用や不正取得で被害を受けることになるのはカード会社ということになるのです。

この仕組みから、万が一、カードが不正利用された場合には、カード会社が決済の取り消しを求めるのが基本です。それだけでなく、場合によっては「カード情報を渡してしまった」というのは、規約違反に該当するケースもあります。罰則として請求額の一括払いや、強制退会などの措置が取られるかもしれませんので注意しましょう。

不用意にカード情報を渡さないように注意しよう

個人情報は、企業側が大切に管理するのは当然のことです。しかし、その情報を渡す際には、細心の注意を払わなければなりません。特に、カードの場合、自分まで罰則を受けてしまう可能性があります。情報の取り扱いには十分気をつけてください。

もし、現金化を申し込む際に、必要以上にカードや個人情報の記載を求めてくるような業者があれば、利用を控えるかその理由について電話できちんと問い合わせるなどの対策をしましょう。現金化の便利さの一つにスピードもありますが、被害を受けてしまっては、元も子もありません。慎重に取引をするよう意識しましょう。

その他のクレジットカード現金化と法律

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る