低還元率の現金化業者が出資法違反に抵触する理由|

還元率の低い現金化業者は出資法違反として逮捕される事例が増えています。現金化を利用する際にはできる限り還元率の高い業者を選びましょう。

低還元率の現金化業者が出資法違反に抵触する理由

低還元率の現金化業者が出資法違反に抵触する理由

警察庁の調査によると、違法な高金利をはじめとした出資法違反で検挙された人数は、平成26年上半期で126人、78億円以上の被害額が発生したと言います。年々減少傾向にありますが、毎年1万人以上の被害者が出ています。

クレジットカード現金化業者のうち、貸金業法違反や出資法違反容疑で逮捕されるという事例もこれまでに発生しています。例えば、2011年、低還元率で営業していたクレジットカード現金化業者が逮捕されましたが、出資法違反が理由であり、ヤミ金業者と同様の扱いを受けていました。

本来、クレジットカード現金化業者はサービスの性質上、貸金業に該当しないので都道府県知事に貸金業の登録申請をする必要がありません。しかし、違法な還元率の業者が出資法違反で逮捕されている事実を見る限り、一部の違法な高金利業者の存在が、社会問題になっていると考えることができます。

年利換算で2,000%に上る事例も存在

出資法違反でクレジットカード現金化業者を逮捕する理由は、還元率の低さが問題になっているからです。まずは、クレジットカード現金化の還元率について見てみましょう。

クレジットカード現金化の還元率とは、ショッピング枠を利用して換金化するときに、業者が受け取る手数料を差し引いた金額の割合です。還元率が高いほど利用者の手元に残るお金は大きくなります。

例えば、50%程度の還元率で営業する現金化業者を利用した場合、年利換算すると2,000%を超える計算です。貸金業に該当しないクレジットカード現金化ですが、消費者の利益を考え、明らかに還元率の低い業者に対して出資法違反を準用して逮捕しています。

自治体によっては、50%前後の還元率で運営する業者は危険であるとしています。クレジットカード現金化業者を利用する際、必ず一定以上の還元率で営業している店舗を選ぶことが大切です。

還元率70%以上の業者を選ぼう

健全な営業を行うクレジットカード現金化業者は、異常な低還元率設定をすることはありません。クレジットカード現金化の社会的ニーズは確実に存在し、利用者に求められているからです。20年以上営業を続ける老舗業者もあることから、社会的な需要が高いことは明白でしょう。

現金化業者の違法性の有無をはかるポイントは、還元率の設定にあります。安全な業者を探しているのであれば、70%以上の還元率を設定している優良業者を選びましょう。

その他のクレジットカード現金化と法律

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る