夫の給料が減ってしまった|

夫の収入を元に家計の管理をしている主婦は多いかと思います。今回は夫の収入が減ってしまい家計に大ダメージを受けてしまった主婦の体験談を紹介します。

夫の給料が減ってしまった

夫の給料が減ってしまった

長らく続く不況のあおりを受け、「一家の大黒柱である夫のお給料が減ってしまった」と、嘆く主婦の方も多いと思います。しかし、節約術で家計のやりくりをしても限界はあり、パートタイムで働きに出ているという声も少なくありません。

ある主婦(以下、Aさんとします)は、ご主人が会社からボーナスを支給されず、収入が大幅に減ってしまったそうです。その結果、住宅ローンの返済が苦しくなってしまったことに悩んでいました。パートタイム勤務で得た収入は家計の足しになるものの、住宅ローンの返済に充てることはできなかったと言います。

では、なぜ月々の返済計画に組み込まれていた住宅ローンの支払いが苦しくなってしまったのでしょうか。Aさんの家計の状況を、データを見ながら考えてみましょう。

毎月2万円程度のマイナスが発生

住宅金融支援機構「2013年度フラット35利用者調査報告」によると、月々の住宅ローン返済額は全国平均でおよそ9万円、首都圏や近畿圏では10万円以上になるといいます。月に10万円の固定支出が組み込まれている計算です。

一方、パートタイムで働く方は、扶養家族の範囲内で働くケースも少なくないことから、月8万円程度の収入という方も少なくありません。月に最大でも8万円しか固定収入が増えないのです。仮に、ご主人が1年間で100万円以上の収入が減ってしまったとすると、奥さんがパートタイムへ働きに出ても、毎月1,2万円不足してしまうことが分かります。

住宅ローンの支払いが滞ると、マイホームが競売に掛けられてしまう可能性があります。せっかく手にしたマイホームを手放すのはみじめなものです。そこで、クレジットカード現金化を利用してみてはいかがでしょうか。

もしもに備えた知識を持とう

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して換金する仕組みです。1980年代中盤頃から都市圏を中心に普及し始めました。消費者金融からの借金と違い、審査申込みの必要はありません。支払い方法を自分で決められるため、返済計画の見通しも立てやすいです。

エン・ジャパンの調査によると、2015年夏のボーナスは「増額予定」と答える企業が、2年前と比べると8ポイント上がったというデータもあります。「夏のボーナスが期待できる」というご家庭では、後からクレジットカードのほうへ支払うというケースを取って、先に住宅ローンを支払えばよいということです。

普段から貯金をすることは大切です。しかし、今のご時世は何が起こるか分かりません。もしものことを考え、クレジットカード現金化を覚えておくとよいでしょう。

その他のクレジット現金化詐欺の対処法

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る