総量規制とは|

お金を借りる時、何かと耳にするのが「総量規制」という言葉ではないでしょうか。でも耳にするだけでいまいち総量規制とは何を指しているのかわからない方も多いと思いますので改めてこちらで説明しております。

総量規制とは

総量規制とは

多重債務問題は深刻な社会問題として取り上げられ、2007年に多重債務問題改善プログラムが発表されました。依然としてこの問題は続いており、5社以上の消費者金融から借り入れている人は27万人に上ると言います。

消費者金融を利用する理由として、低収入や収入の減少というケースが圧倒的に多い状況です。また、商品・サービスの購入、借金返済、事業資金の補てんなども、借り入れのきっかけになると考えられています。

現在も解消されていない多重債務問題ですが、この問題を解消するために、総量規制という制度が設けられました。総量規制とは、2006年から改正が始まった貸金業法の目玉の一つであり、2010年に施行されました。多重債務者の借り入れ状況に規制をかけることで、収支状況を改善し、借金をなくすことが狙いです。

年収の3分の1以上は借り入れができない

総量規制とは、原則として個人の借入総額が、年収の3分の1以上を上回ることができない制度です。個人向けの借り入れが対象となるため、法人や個人事業主が融資を申請する場合は該当しません。

銀行や消費者金融など、金融機関から融資を受ける際は総量規制が適用されます。貸金業者からの借り入れであっても同様です。貸金業法の下で営業している業者は、すべてが総量規制の対象となります。

クレジットカードのキャッシング枠もこれに該当するため、原則として、どのような状況であっても借金はできません。ただし、ショッピング取引は貸金業法が適用されないので、借入総額が年収の3分の1を上回る場合でも利用できます。

資金繰りが苦しいときは現金化を利用しよう

貸金業法に則り、一定条件を上回った場合、金融機関や貸金業者からの借り入れはできなくなりました。しかし、個人の方が借り入れしづらくなり、生活に支障が出てしまったという意見もあり、対策が求められている状況です。

クレジットカード現金化は、総量規制の影響下でも現金を用意できるシステムとして評価を受けています。ショッピング枠を利用したサービスなので、貸金業法の対象とならず、換金できる仕組みだからです。

総量規制によって収支バランスが乱れてしまい、資金繰りが苦しくなっている方もいると思います。このような方でも、クレジットカード現金化は影響を受けておらず、問題なく利用できます。生活に必要な資金の不足や債務の返済に困っている方など、不安な方はぜひとも現金化サービスを利用してみましょう。

その他の「クレジットカード現金化の用語」の記事一覧

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る