リボ払いとは|

CMでも頻繁にみる「リボ払い」という言葉。最近では金融期間やカード会社の多くがリボ払いをやたらと薦めてくる傾向にあります。リボ払いは便利な半面利息が膨らみやすく、リボ払いとは何かその仕組を解説しています。

リボ払いとは

リボ払いとは

クレジットカードの請求額は、利用状況によって毎月異なるものなので、日々明細を確認しないと支払い日に予想以上の金額になっていたということがあります。支払い日に返済できず、借金をしてしまうという方もいると思います。

リボ払い(リボルビング払い)は、利用状況にかかわらず毎月一定額を返済するシステムです。利用限度額の範囲内であれば、家計管理がしやすくなるというメリットがあります。最近では、リボ払い専用のクレジットカードも登場しており、通常よりも特典が付くケースもあるので、おトクに利用できるかもしれません。

ただし、リボ払いは利用金額が分かりづらく、いつ返済が終わるのか見えづらいというデメリットもあります。メリット・デメリットを把握したうえで、支払い方法のひとつとして考えておくとよいでしょう。

リボ払いの仕組みは4パターンある

リボ払いにはさまざまな種類がありますが、大まかに分けると「元利・元金」と「定額・定率」によって決定します。まずは月々の返済額が1万円という場合、どのような違いになるかを見てみましょう。

・元利と元金

元利方式とは、返済する元金と利息の合計額が1万円になるというものです。一方、元金方式の場合は1万円の返済額に加えて利息が付きます。返済額としては元金方式のほうが大きくなりますが早期に返しやすくなり、元利方式のほうが家計管理はしやすいです。

・定額と定率

定額方式とは、毎月返済する金額を1万円として固定する方法です。一方、定率方式は利用額の合計のうち○%を返済すると定め、一定の割合を返済します。家計管理という意味では定額方式のほうがわかりやすく、定率方式のほうが利用額を管理しやすいです。

リボ払いはこれらの組み合わせによってできています。「元利定額」や「元金定率」のように、返済方式が表示されている場合、それぞれの言葉の定義を理解していると分かりやすくなると思います。

リボ払いで現金化もおトクに利用しよう

ショッピングだけでなく、クレジットカード現金化の返済時にもリボ払いは利用可能です。実は、リボ払いを使った換金手続きは、資金計画が手詰まっているとき、高い還元率で現金化を利用するための裏ワザとなりえます。

リボ払いを使って高い還元率で現金化できる理由は、分割払いと違い、後から繰り上げ返済が認められているからです。リボ払いで換金手続きを行い、返済のめどが立った段階で繰り上げ返済をすれば、カード会社への金利を抑えて現金化できることになります。

賢くリボ払いを活用すると、クレジットカードの有効な使い道が見つかるはずです。仕組みを知らなかったり利用に抵抗があったりした方も、リボ払いを試してみるとよいかもしれません。

その他の「クレジットカード現金化の用語」の記事一覧

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る