信用情報機関とは|

お金を借りる時やクレジットカードを作るとき、信用情報機関というところで借り入れやローンの履歴をチェックされてしまいます。ここでは信用情報機関とは何かを説明していますので、お金を借りたい方は理解しておきましょう。

信用情報機関とは

信用情報機関とは

借金をすると、その人には債務履歴が記録されます。金融機関や貸金業者からの借り入れはもちろん、ローンを組んだりクレジットカードを利用したりした状況でも同様です。

信用情報機関とは、こうした債務履歴を記録し、消費者とお金を貸す側の円滑な取引をサポートします。登録している会社から信用情報を預かり、消費者の債務状況をまとめています。別の会社や金融機関から照会が発生した際、信用情報を提供することで、多重債務のリスクを防止することが役目です。

信用情報機関の種類

信用情報機関は1社がすべての情報を管理しているわけではありません。2015年5月現在、信用情報を管理している企業について見てみましょう。

・株式会社シー・アイ・シー(個人向け)

クレジットカード、自動車等のローン・リース、一部の消費者金融が加入しています。現在、一部の銀行も情報共有を目的に加入している状況です。なお、本人からの申請があれば、自身の信用情報が確認できます。

・全国銀行個人信用情報センター(個人向け)

一部の銀行系子会社を除き、銀行系クレジットカードの情報、住宅ローンをはじめとした個人向け融資を中心に扱っています。また、法人融資のうち、代表者が連帯保証人になっている場合もこちらで管理している状況です。

・日本信用情報機構

貸金業者や商工ローン会社が加入する信用情報機関です。リアルタイムな情報更新が行われており、事業者の自転車操業を確認することもできます。

銀行や消費者金融、カード会社など、消費者からの融資の申し込みが発生したときは、これらの信用情報機関に問い合わせをしています。消費者の債務に問題がなければ、借り入れやローンなどができるようになるのです。

ブラックリスト入りしている状況でも現金化は利用できる!

借金の支払いが遅れたとき、信用情報機関に事故履歴が残ってしまいます。一般的にブラックリストに載ってしまうというものですが、この状況では銀行や消費者金融からの借り入れが難しくなってしまい、いざというタイミングで困ってしまうかもしれません。最長10年間はその記録が保存されるため、一度事故履歴があると、生活に影響が出てしまう可能性もあるのです。

しかし、万が一、事故履歴が残って借り入れができない場合でも、クレジットカードのみ使えるというケースもあります。事故履歴を残さないことがベストですが、ブラックリストに登録されている状況でクレジットカードが使える場合、クレジットカード現金化を利用すれば大変な状況にも対処できるはずです。

その他の「クレジットカード現金化の用語」の記事一覧

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る