【体験談】現金化後に押し貸し!良い業者だと思ったのに|

最近、悪徳現金化業者の押し貸しという手口が横行しています。。押し貸しとは、一度現金化を利用したことのあるような顧客の口座に勝手に現金を振り込み、顧客がそのお金に手を付けた頃に利息と一緒に請求されるというものです。このようなお金は支払う必要はあるのでしょうか。

【体験談】現金化後に押し貸し!良い業者だと思ったのに

【体験談】現金化後に押し貸し!良い業者だと思ったのに

押し貸しを行うヤミ金まがいの現金化業者も存在する。これは、悪徳業者にとって常套手段だが、被害に遭ってしまったケースも少なくない。今回は、法外な利息を請求された主婦の体験談と、押し貸しについて紹介したい。



現金化の後に、なぜか銀行口座に入金が

私は一児の子を持つ主婦です。消費者金融やヤミ金から借金をしたことはありませんが、一度だけ現金化を利用したことがあります。主人の会社で残業代がカットされてしまい、家計のバランスが崩れてしまったからです。申込した時は業者から入金され、スムーズに取引できたのですが、問題はその後でした。

以前現金化したと思われる業者から、私の銀行口座に4万円が振り込まれていました。「キャッシュバックかな?」と思い、そのまま使ってしまったんです。

数日後、ヤミ金から電話がかかってきて、4万円に加え、2万円の利息を請求されました。びっくりするくらいの金額でしたが、実際にお金を使ってしまったので、返済しなければなりませんよね。最終的にアクセサリーを質屋に入れて返済したんです。

押し貸しはヤミ金の常套手段

銀行口座へ勝手にお金を入金し、後から法外な利息とともに取り立てる手法を押し貸しという。この手口は、悪徳業者において常套手段のひとつだ。消費者からすると、「ラッキー」と感じてしまうかもしれないが、業者が後からプレゼントのようにサービスすることはない。

押し貸しを行うにあたり、悪徳業者は一定の資金を用意する。「タネ」「種銭」と呼ばれる押し貸し用の資金は、文字通り消費者に脅迫してお金を請求するための種となる。5万円程度の金額を入金し、消費者が手をつけた頃を見計らって脅すのだ。

悪徳業者がこのような押し貸しをするには、消費者の銀行口座を知らなければならない。恐らく、今回のケースでは現金化業者を利用した時、顧客リストが流出したのではないかと考えられる。

毅然とした態度でよい現金化業者を利用しよう

金融庁は貸金業者に押し貸しを禁止するとともに、消費者に悪徳業者の利用をしないよう注意喚起を行っている。法律上、押し貸しは禁止行為とされているため、請求に応じる義務はない。しかし、悪徳業者は、家族や職場への連絡やお金に手をつけたことをネタに、消費者を脅迫する。

もし、押し貸し被害に遭っても、消費者は毅然とした態度で拒否しよう。一度支払うと、他の業者からも同様の被害に遭うことが考えられるからだ。また、現金化サービスを利用する時は優良業者を探そう。インターネットの評判をもとに、安全なところを利用しよう。

その他の「クレジット現金化で安心安全にお金を調達」の記事一覧

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る