法人カードでも利用できるの?|

カード現金化は法人カードでも利用できるのでしょうか。法人は商品を販売しても売掛金での取引により入金は後からになり、キャッシュフローが悪化することもあります。そんな時金融機関の融資を受けられなくてもカード現金化が利用できたら助かりますよね。

法人カードでも利用できるの?

法人カードでも利用できるの?

会社や個人事業主のキャッシュフローは、未回収のお金があることが珍しくありません。たとえば、お客様に商品を販売したときに売掛金として計上し、指定期日にまとめて支払ってもらうというケースがあります。

しかし、お客様から現金を回収する前に、社員への給与支払日や商品の仕入れ先への支払い日が訪れることがあります。どうしても諸経費を現金で支払わなければならないとき、金融機関から融資を受けるのが一般的ですが、必ずしも借入できるとは限りません。借入ができなかった場合、クレジットカード現金化手続きを行えば、スピーディーに現金調達ができます。

実は、クレジットカード現金化サービスが利用できるのは、個人だけではありません。法人用に発行されたカードでも換金できます。金額が大きくなるため即日振込が難しいケースもありますが、申込時の審査は不要。金融機関からの借入をせずに現金が調達できるのです。

法人カードは現金化でも利用可能

会社を経営している方や個人事業主に向けてクレジットカード会社が発行している法人カードは、個人向けのカードよりも利用可能額が大きいことが特徴の一つです。さらに、海外出張時の保険が付いていることや、両替を行わずに支払いが行えるなどの点から、所有している人は少なくありません。

もし、出張中にどうしても現金が必要になってしまったという場面や、急な出費で融資を申し込んでいる時間がないといった場合も、現金化は強い味方となります。早いところで即日振り込み、大きな額でも数日中に現金を手にすることができるため、対応力が他の資金繰り手段とは段違いです。

さらに、現金化業者の中には法人の顧客に対して、換金率を優遇するようなキャンペーンや制度を設けているところもあります。現金化する金額が大きくなるため、利益率を低くしても収益があがるからです。

安易な現金化は経営状態を悪化させるため注意が必要

経営状態が思わしくない企業や個人事業主は、銀行や消費者金融から融資を受けることができません。しかし、法人カードによる現金化手続きにより、審査の申込をせずにまとまった金額を用意することは可能です。本来、支払い用にストックしておくべきですが、税金や社員の給料などに支払うお金が不足したとき、現金を調達する貴重な手段と言えます。

 

会社経営や事業の運転資金確保のために、法人カードを利用した現金化手続きは有効な手段です。しかし、あくまでも急場をしのぐ方法であり、経営におけるキャッシュフローを改善するものではありません。

会社経営は計画的に行うものです。したがって、現金化によって運転資金を確保した後は、現実的な返済プランを策定する必要があります。無計画な換金は結果的に経営状態を悪化させるため、利用するタイミングを見極めるようにしましょう。

その他のクレジット現金化よくある質問

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る