現金化業者から恐喝被害に遭いそうなときの対処法|

一度利用した利用者に対し、恐喝により再利用を呼びかけ、無理やりお金を取ろうとしてくる悪質なクレジット現金化業者も存在します。今回はこの詐欺手法と恐喝罪をまとめ、被害に合わないための対処法を紹介します。

現金化業者から恐喝被害に遭いそうなときの対処法

現金化業者から恐喝被害に遭いそうなときの対処法

クレジットカード現金化業者に、利用者に再度利用を呼び掛ける業者はありません。しかし、悪徳業者のなかには、一度利用した消費者に対して継続的な利用を強要するところがあります。

これらの悪徳業者は、ヤミ金が運営していることも珍しくなく、勧誘の手口はまさにヤミ金ならではのもの。しつこい勧誘を受けた場合には、法律に違反する行為なのではないかと疑問に感じる方もいるかもしれません。

ところが、日本の法律では、サービス利用を呼び掛ける勧誘そのものは、犯罪に該当しないことになっています。そのため、しつこい勧誘程度であれば問題ないと判断されることがほとんど。一方で、その勧誘が恐喝に発展した場合には、恐喝罪が適用されますので、その判断基準について知っておきましょう。

恐喝罪について知っておこう

恐喝罪とは、人が畏怖するような事案に対して脅迫を行い、財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする行為のことを指す犯罪です。もし、業者が「再利用をしなかったら会社や家族にバラす」と脅したり、「利用しないと何が起こるかわからないぞ」と恐怖心を植え付けるような言動を取ったりした場合には恐喝行為だといえます。

恐喝は立派な犯罪行為ですが、現金化業者に対して実際に訴えを起こすとなると、労力も費用もかかってしまうもの。できる限り自分で対処するのが望ましいケースがほとんどでしょう。そこで、もしものときのためにも恐喝に対する対処方法を知っておいてください。

恐喝に対処するためには、まず一度目の恐喝の時点で毅然とした態度で断りを入れることが大切です。しかし、それでも続けてくるようであれば、相手に教えた電話番号やメールアドレスを変更して連絡手段を断つのが有効です。

しつこい勧誘に対する対策・対処をしよう

違法に運営している悪徳業者を万が一利用してしまうと、恐喝被害が発生するリスクも否定できません。事前に業者を判断することも有効な対策ですが、もし利用してしまった場合には上記のような対策をすると恐喝を抑制できるはずです。

また、恐喝がエスカレートして被害が大きくなりそうなときには、思い切って警察へ相談することも選択肢。その際には、警察が事情を納得してくれるように、メールや電話の内容をきちんと保存しておくことが大切。車のナンバーや電話番号など相手の情報のうちわかるものは、できる限り証拠として取っておくと万が一の事態にも対処しやすくなるでしょう。

その他のクレジット現金化詐欺の対処法

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る

法律