未公開株被害者へ追い打ちをかける現金化あっせん被害と対策|

未公開株への投資による被害者に対する詐欺の手口が増えています。特に高齢者を狙ったものが多いですが、このような被害似合わないためにここでその概要と詐欺被害の対処法について紹介しています。

未公開株被害者へ追い打ちをかける現金化あっせん被害と対策

未公開株被害者へ追い打ちをかける現金化あっせん被害と対策

近年、未公開株への投資による被害者に対し、「回収できる」という甘い言葉で詐欺を行う業者がいます。未公開株とは、証券取引所に上場していない株を指しますが、原則として未公開株の発行会社や登録証券会社以外が売買を行うことはできません。

このような詐欺は、主に未公開株詐欺に遭った高齢者をターゲットにしています。ヤミ金業者は、こうした被害者のリストを所有しているため、「回収したい」という気持ちを抱えている人を詐欺に巻き込もうとしているのです。

もし、高齢者がお金を持っていない場合でも、ヤミ金業者は諦めることをしません。クレジットカードのショッピング枠を換金するサービスであるクレジットカード現金化を悪用し、金銭を巻き上げようとしているのです。

被害回復型の詐欺事例

未公開株詐欺にはさまざまなケースが考えられます。ここでは、金融庁が発行している未公開株詐欺のうち、「被害回復型」の事例を紹介します。

被害者のAさんは、過去に未公開株を購入して被害に遭っています。そこに、B社から電話問い合わせがあり、「未公開株を回収し、過去の被害を回復する」という話を持ちかけるのです。その際、B社から「別の会社の株を買い取るように」と伝えられてAさんが購入。結果として、B社は音信不通になってしまうという被害パターンです。なお、Aさんが「お金を持っていない」と断った場合、B社はクレジットカード現金化業者のC社を紹介します。

「被害回復型」の詐欺は、代金を払っても回収できることはありません。類似の被害事例として、私募社債やファンド取引というケースもあります。二次被害に発展する可能性も少なくないので、買い取り被害に遭わないように注意しましょう。

少しでも怪しいと感じたら取引を見合わせよう

未公開株詐欺に遭わない方法は、証券会社の登録が確認できない会社を選ばないことです。通常、証券会社は国の登録を受けているので、架空の業者の場合は簡単に確認できます。また、未公開株を購入した業者と違う業者から電話が来た場合も同様に注意が必要です。

悪質な業者は、あの手この手で消費者を陥れようとしています。特に、投資話にクレジットカード現金化が用いられるような事例は、高い確率で詐欺だと考えて間違いありません。「未公開株が回収できる」という電話があった場合、少しでも怪しいと感じるポイントが見つかったら、取引を見合わせるようにしましょう。

その他のクレジット現金化詐欺の対処法

優良クレジット現金化業者一覧
申し込みが多い業者

クレジット現金化の申し込みが多いサイトを紹介します!

買取くん 買取くん

初めての方のご利用がとても多いようです。安心安全に利用できます。

キャンペーン中の業者

換金率UPなどのオトクなキャンペーンは見逃せないですよね。このチャンスにたくさん現金化しちゃいましょう。

買取くん 買取くん

買取くんは随時オトクなキャンペーンを実施中。サイトをこまめにチェックしましょう。

おすすめクレジット現金化業者

口コミサイトなどでも評判の、おすすめ業者を紹介します!

アフターカード アフターカード

★土日祝日休まず営業★
☆業界最大水準の換金率☆
女性や初めての方にも安心

換金率ランキング

もらえるお金に左右される部分ですから、換金率は気になるところですよね。

換金率ランキングをもっと見る

安心ランキング

初めての方や女性の方であれば、業者の対応は親切なほうが使いやすいと思います。

安心ランキングをもっと見る

スピードランキング

急いでいる時にすぐに振り込んでくれる業者を知っておくと、いざという時に便利です。

スピードランキングをもっと見る

法律